フルヴィオ・カプラ(クラリネット)

ブレーシャ出身。2019年より兵庫芸術文化センター管弦楽団のコアメンバー。

ルカ・マレンツィオ音楽院を最優秀の成績で卒業。ジュネーヴ州立高等音楽院にてロマン・ギュイオ氏に師事。英国王立音楽院にて音楽演奏修士を取得。ヤマハ音楽振興財団ヨーロッパ奨学金コンクールで優秀賞を受賞し、特別ソリストとしてモーツァルト作曲クラリネット協奏曲を英国ミルトン・キーンズ・シティオーケストラと共演。オルケストラ・ジョバニーレ・イタリアーナ(イタリア国立ユースオーケストラ)および、オリンピコ劇場オーケストラ(ヴィチェンツァ)にて首席クラリネット奏者を務め、ロイヤル・ノーザン・シンフォニア、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、ボーンマス交響楽団、マントヴァ室内管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団の各団において、クラリネット奏者として客演。

Fulvio Capra, Clarinetto

Nato a Brescia. Dal 2019 è Core Member dell’Orchestra del Hyogo Performing Arts Center.

Si è diplomato con il massimo dei voti, la lode e la menzione d’onore al Conservatorio Luca Marenzio di Brescia. Ha studiato all’Haute école de musique Genève con Romain Guyot e ha conseguito un Master presso la Royal Academy of Music di Londra. Ha vinto la borsa di studio della Yamaha Music Foundation of Europe con lode ed ha eseguito il concerto per clarinetto di Mozart come solista speciale con la Milton Keynes City Orchestra, Inghilterra. Ha assunto il ruolo di primo clarinetto per l’Orchestra Giovanile Italiana e l’Orchestra del Teatro Olimpico di Vicenza. Ha poi suonato come clarinetto ospite per la Royal Northern Sinfonia, la Royal Scottish National Orchestra, la Bournemouth Symphony Orchestra, l’Orchestra da Camera di Mantova, l’Osaka Philharmonic Orchestra e la Nagoya Philharmonic Orchestra.

2022年 秋のインコントロの活動報告はこちら

ページ上部へ